【Bootcamp】外付けSSDのWindows10を11にアップグレードする


Macの外付けSSDに入れてあるWindows10をWindows11にアップグレードする方法です。

Bootcampというのは内蔵SSDにWindowsをインストールする方法のことなので、外付けSSDから起動させるのは厳密にはBootcampではありませんが、手順等はほぼ変わらないと思われます。

注意
ここに載せている方法は、Microsoftは認めていますが正式な方法ではありません。自己責任でお願いします。

Intel MacにWindows11が入れられない(と言われている)理由

Windows11のインストールに必要はいくつもの条件(Win10より厳しい)の中に、「TPM 2.0に対応している」とあります。

AppleはMac全機種でTPM 2.0をサポートしていないため、条件を満たしていないということになります。

Insider Preview(ベータ版)の段階からこれを回避する方法が発見されてはいたものの、正式版でも使えるかは分からない、と言われていました。

正式版が出てからしばらく経ちましたが、どうやらレジストリを編集することでWindows11がインストールできるようなので、まずこれを試してみました。

レジストリを書き換える(失敗)

この方法は結局上手くいきませんでした。

最終的には、インストーラーのISOの一部ファイルを書き換える方法で成功しました。

ISOを使ってインストール

以下の作業については、こちらのページを参考にさせて頂きました。

詳しい手順はこちらをご覧ください。


まず、ここからWindows11インストーラーのISOイメージをダウンロードします。

次に7-Zip等のソフトで中身を展開します。

※この画像は展開前に中身を見ているだけです

本来は、展開したフォルダの中にあるsetup.exeをダブルクリックすればインストールが始まるはずですが、例のTPMの制限のためこのような表示になってしまい、次に進めません。

appraiserres.dll」を置き換える作業が必要になるそうです。

そこで、先ほどの記事にあるGoogle Driveのリンクから「AppraiserRes.dll」をダウンロードします。

ファイル名の大文字を小文字に変更して、先ほど展開したイメージの「sources」フォルダ内にある同名のファイルと置き換えます。

このファイルを削除するだけでもインストールできるようになるらしいですが、その方法は試していません。

そして「setup.exe」を起動すると、今度はインストール画面まで進めました。

あとは放置するだけでインストールが完了します。

おわりに

今のところ、Windows UpdateやWindows Defenderも問題なく動作しています。

Comments

Show Comments